事故してしまった!事故を起こしたときに慌てないための3つの注意点

こんにちは!

みなさんは車を運転していて事故起こしてしまったときに、適切に対応できる自信はありますか?

普段は落ち着いた行動ができる人でも、事故を起こしてしまった時は焦ってしまい、
適切な行動がとれない可能性があります

だれも普段は自分が事故を起こすなんて考えずに過ごしているので、頭が真っ白になりますよね

今日はそんな場面に遭遇した際に、やらなければならない対応を3つ紹介します

交通事故を起こし、相手の人に怪我を負わせてしまった場合は、
被害者を救護しなければいけません。

事故を起こした加害者が取らなければならない初期対応は、
被害者の救護義務が第一です。

自分や同乗者だけではなく、
被害者が道路に投げ出されていたり、車内に閉じ込められているような場合があるので、
二次災害を防ぐために、倒れている被害者を後続車などに轢かれない場所に移動させたり、
車内から助け出すことなどが必要になります。

被害者や同乗者や自分も含め、怪我の確認と119番へ連絡し救急車を呼びます。

被害者などの救護措置が終わったら、交通事故が起こったことを警察に連絡します。

救護措置と警察への連絡は、事故を起こしたときの義務になります。

警察が現場に到着すると、交通整理や現場の状況などの調査が行われます。
修理代や治療費などを自動車保険で支払う場合、警察に届けておく必要があります。
警察に届出をしていないと、事故証明の交付を受けることができなくなり、
保険を使うことができなくなる場合があります。

そのようなことが起きないようにするためにも、警察への連絡を行うことが大切です。

救護措置や警察への連絡が終わったら、加入している任意保険会社へ連絡をしましょう。

保険会社へ連絡すると、この後の説明などを受けることができます。
保険会社への連絡は、加害者だけではなく、被害者も自分の加入している保険会社へ連絡するようにしましょう。
任意保険に加入している場合、過失の有無などには関係なく保険が使えます。

示談交渉など間に立って対応してくれるので、保険会社へしっかり連絡することが必要です。

読んでみると、なんとも当たり前のことばかりですが
突然起こった事故、しかも自分が加害者側であるときの衝撃はとても大きいものです。
そんな時でもしっかりと手順を踏んで落ち着いて対応ができるように、心に留めておきたいですね。

そしてなにより運転は安全第一が重要です!