宅建取得への道~第2段~

こんにちは!
前回は宅建士資格取得への道第1段を書きましたが、今回は第2段です!

第1段はこちら

今回のテーマは専属専任媒介契約についてです!

この単語だけで詳細に説明が出来るあなたは、読まなくて大丈夫ですね。笑

なんとなく単語の意味は理解できそうですが、不動産業界では
他の業者に媒介を依頼することを禁止するもので、さらに自分で買主を見つけることを禁止する特約が付けられたものだそうです。

例えば、あなたが賃貸アパートを所有していて、そのアパートの売却をしようと考えていたとします。
その売却の媒介をA不動産にも、B不動産にもお願いしたい訳ですが、A不動産と専属専任媒介契約なるものを結んでいた場合、
B不動産にお願いするのはおろか、自分で買主を見つけてきてもだめなんです!!(自己発見取引禁止という)

あなたが契約できるのは、A不動産が見つけてきた相手方(買主)だけということです。

ということは、この専属専任媒介契約を結ぶことで、不動産会社は必ず自社に成功報酬が入るので必死に探してきてくれるということなんですね。(B不動産に取られるかもしれない案件よりは、確実に報酬が入る方に力が入りますよね・・・)

でも依頼する側からすれば、本当に信頼出来る不動産会社と契約を結ばないと怖いですよね。

さて、まだこんな基礎的なことをつぶやいていて大丈夫なんでしょうか。笑

暑さ負けず、お仕事に勉強、頑張りましょう!