弁護士と司法書士の違い?

事務局です

みなさん、『弁護士』と『司法書士』
なにが違うのかご存知ですか、、?
法律に携わる職業という点では同じですが、、
ふたつの違いを、簡単にご説明します!

まず、弁護士は、『法律業務の全般』を扱うことができます
たとえば、法的な手続をする上で、当事者の「代理人」として
法廷等で主張や弁護を行ったり等します。

司法書士は、法律業務の全般とはされず、
『法律で定められた分野・範囲のみ』を扱うことができます

主な業務内容としては、不動産や商業登記申請、
裁判所や法務局に提出する法的書類作成が挙げられます。

そして、司法書士には原則として
「代理」する権利が法律上認められていません。

なお、司法書士のうち、法務大臣の認定を受けた認定司法書士のみ、
法律相談を受けられ、簡易裁判所での訴訟等の代理業務が認められていますが、請求額が140万円までのものしか受けられません。

当初は請求額が140万円を超えるか分からなかった!という場合でも
140万円を超えることがわかれば、その時点で、
改めて弁護士に依頼する必要があります。

弁護士は取り扱える請求額に一切制限がありませんので、
トータル的にサポートすることが可能なんです

お困りのことがあれば、一度弁護士に相談してみてください