彼岸花の花言葉。

こんにちは、事務局です(*・ω・)ノ

ヒガンバナが咲き始めてますね
higann

別名、曼珠沙華(まんじゅしゃげ)。
他にも、地獄花、死人花、幽霊花など異名がたくさんあります。

ヒガンバナはお彼岸にあたる秋分の日の前後に花を咲かせます。
ご先祖様がこの世とあの世を行き来しやすい時期にタイミングよく花を咲かせるため不気味な名前がついたそうです

そういえば、小さい頃はこの花を何故か少し怖く思っていました。
真っ赤な花が一斉に密集して咲いている様子は妖しげで…
夕方に見るこの花ほど怖いものはなかった…笑。

まぁ、今では独特な花をみて、お墓参りの時期かと思う程度ですが、
なんとなく不吉なイメージを持っている人も多いのではないでしょうか??

さて、ヒガンバナもお花です
少し気になって花言葉を調べてみたら…
・情熱
・独立
・再開
・あきらめ
・悲しい思い出
・想うはあなた一人
・また会う日を楽しみに

うーん。
祖先を敬い、なくなった人を偲ぶお彼岸にぴったり。
なんとも切ない花言葉です。

ヒガンバナのイメージが少し変わってきませんか?

「暑さ寒さも彼岸まで」と言われるように

この花の訪れとともに、もうすっかり秋ですね(*´∇`*)