お茶の花。

こんにちは、事務局です(*・ω・)ノ

突然ですがみなさん、お茶の「花」って見たことありますか??
お客様にもお茶をお出ししたりして、お茶っ葉はよく使っていますが、花は見たことないなぁと。

丸くコロンとした茶畑はよく見ますが、花が咲いてる光景はイメージにありませんよね。

でもお茶もやっぱり植物で花を咲かせます。
この前テレビではじめて見たんですが、可愛らしい小さな花なんです
IMG_9476
ツバキの花に似ていると思った方、正解です
お茶はツバキ科の植物で、10月から12月初旬、3~5センチ程の小ぶりな花を咲かせます。
しかも、控えめに下向きに。
花言葉は「謙遜」「純愛」、やっぱりピッタリな花言葉がつけられていますね笑。

でも、こんな可愛らしい花なのに、なかなか茶畑では見る機会がないですよね
調べてみると…

花や実をつけるには、それだけ養分が必要になり、お茶の木にとってはかなりのエネルギーを使うことになります。お茶農家さんでは良い葉をつけることに栄養を使ってもらうため、花芽はすぐに摘み取ってしまうそうです。

茶畑に「花」のイメージがないのはそのためですね
残念。。。可愛い花なので一度は実物を見てみたいものです (´▽`)

ちなみに、お茶農家さんには嫌がられるお茶の花ですが、
地域によっては、お茶の花を煮詰めてお茶漬けのように食べたり、
お茶の花を煎じた花番茶を飲んだりするところもあるようです。
京都でも天ぷらにして食べるところがあるとか

・・・味がとても気になります
お茶の花にはメタボ予防に効果があるという研究発表もされているので…余計に気になります笑。
食べる機会があった時にはまたご報告します!